今の交通事故は「加害者は車、被害者は人や自転車」といった図式は成り立たないと思います。

交通事故といえば、昔であれば「加害者は車、被害者は人や自転車」といった図式が当たり前でしたが、今はそういった図式は大きく様変わりしていて「加害者が人や自転車、被害者が車」といったケースも非常に増えているんだそうです。
かく言う僕も普段頻繁に車を運転しているので最近とみに感じるのですが、昨今の歩行者や自転車の交通マナーの悪さはハッキリ言って目に余ります。
確かに歩行者の無茶な横断というのは昔からありましたが、最近の自転車は夜道を無灯火で平気で走っているのは勿論の事、携帯電話の画面を見たままで携帯音楽プレイヤーで音楽を聴きながら歩道を高速で走って歩行者に後ろから追突したりといった、あまりにも悪質な事故が目につきます。
個人的にはそろそろ日本も歩行者と自転車に交通ルールを遵守させる罰金付きの法律を作るしか、現在の酷い状況を改善する手段は無いのではないかと考えています。
「歩行者や自転車は弱い立場にあるから」といった甘えこそが、昨今の無茶な交通ルール無視を冗長しているように感じられてなりません。