交通事故気をつけるため高齢者事故について

現在交通事故が増えているそうです、高齢者の交通事故が増えているんです。
簡単に気をつけるポイントがありますので高齢者の方も違う方も交通事故に遭われないためにも見ておいて欲しいです。
交通事故防止アドバイス情報です。
・信号無視は絶対にやめましょう、点滅したら次を待つぐらいの行動をしましょう。
もし事故があれば死亡事故が起こる確率が高いです。
・夕暮れ以降は明るい色や反射材を身につけましょう
・横断禁止の標識は守りましょう
・横断歩道や横断歩道橋を横断しましょう、絶対横断しないで下さい。
・高齢者の運転は気をつけましょう、ヒヤッとした体験が一度でもあるなら運転は控えましょう。
アクセルとブレーキの踏み間違いも増えています。
警察情報によると信号無視で死亡した高齢者の約70%は13M以上の道路を横断中に事故にあったそうです。
無理な横断はやめましょう。
横断禁止場所亡くなった方の高齢者の約60%は家族同居している人でした家で話し合いましょう。
高齢者の横断死亡事故は自宅付近で起きています自宅付近だからと横断歩道外は横断しないで下さい。
警察のデータでは交通死亡事故の40%以上が高齢者が占めるまでになっています。
消して他人事ではないのです、家族にいたら話し合いをして、運転しているときは特に高齢者に注意して運転しないといけない環境です。
交通事故を気をつけましょう。