借金返済のための債務整理

知り合いの方で、借金を返済するために行われる債務整理について調べている方がいるので、調べてみたのですが、債務整理とは債務の整理清算行為のことで、多重債務などにより借金を返済することが難しくなった時に任意整理や特定調停、民事再生などの方法で借金を返済することが可能です。
また、収入と支出から考えて、借金を完済することが無理だと判断されて方などが行うそうですが、借金そのものを完全に返済したい方など考え方やそのときの状況によって返済の仕方は変わるようです。
個人再生の場合は、3年間自分の債務のうちいくらかを返済し続けることができれば残りが免責されるそうで、任意整理の場合は、間に弁護士を立てて、相手方と交渉をしてもらうことができますが、任意整理によって、劇的に借金がへることはないみたいです。
債務整理には、弁護士や法律家に相談して、今までに自分がいくら借金をして返済しているか、借金の残額はいくらぐらい残っているのか調べてもらうこともあるようです。